法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

営業リストを簡単に自動作成できる!?知っておきたいスクレイピングとは

公開日:2023/02/15  最終更新日:2023/02/06


これから営業リストを作成しようと考えている人に、今回の記事はおすすめです。営業リストを作成するときに外部委託する方法がありますが、コストが発生してしまいます。コストを抑えたいときや、そこまで多くの営業リストを必要としていない場合は、スクレイピングで営業リストを作成しましょう。

質の高い営業リストの特徴とは

営業活動は無駄を省くことが大切です。そのためには質の高い営業リストを準備しておく必要があります。

常に最新の情報に更新されている

電話で営業活動を行うときは、効率的に進めなくてはいけません。たとえば、人事異動で担当者が変更になっている場合や、本社の所在地が移動している場合などは情報を更新するようにしましょう。

情報の精度が高い

電話番号やメールアドレスだけの情報しか掲載されていない営業リストよりも、過去に使用していた広告媒体も掲載されている営業リストのほうが、成約率が向上するでしょう。過去に使用していた広告媒体は、企業の悩みを解消できたのかどうか確認することで、現在も同じような悩みを抱えていれば成約率が向上するからです。やみくもに自社のサービスや商品だけを宣伝しても話を聞いてもらえない可能性があるので注意しましょう。

自社がターゲットと考えている業界や企業などが含まれている

営業リストを作成する目的は、企業の連絡先を手に入れて営業活動を行うことにより成約率を上げるためです。そのため、自社がターゲットとして考えていない業界や企業に営業活動を実施しても成約率が上がりません。また、時間を無駄にしてしまいます。

オンラインでデータ収集する方法

ポータルサイトや企業のホームページなどからデータ収集する方法です。最新の情報が掲載されているかどうか不明ですが、短時間に企業情報を手に入れられます。電話番号やメールアドレスなどを一覧にできるので便利です。

オフラインでデータ収集する方法

ドアノック訪問や異業種交流会などでデータ収集が可能ですが、効率的とはいえないでしょう。ドアノック訪問は、店舗や企業に飛び込み営業するかたちとなります。企業や店舗の営業時間内に担当者と話をするために実施しますが、担当者が不在の可能性があります。

また、取り込み中のときはネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。異業種交流会は全国で開催されていますが、過度な営業を禁止している場合があります。参加者が不快に思った場合は次回から参加できなくなる可能性もあるので注意しましょう。

知らないと損をするWEBスクレイピング

業界用語なので馴染みがないかもしれませんが、用語について知っておきましょう。

WEBスクレイピングとは

インターネット上の情報を抽出することです。必要な情報のみ洗い出してくれるので、営業リストを作成するときに便利です。手作業で営業先をリストアップすると手間と時間がかかります。また、営業リストを作成せずに企業などのホームページを見つけて電話をかけていくのは非効率です。見込み顧客を獲得したい場合や、商品やサービスの導入を企業に検討してもらいたいときなどは、WEBスクレイピングを活用しましょう。

WEBスクレイピングで営業リストを作る方法

専門的な知識や技術を保有していなくても、誰でも簡単に作成できます。短時間で作成できるので時間を無駄にしません。

事前準備を行う

ツールを使用するために事前準備を行います。ダウンロードとインストールを行いましょう。手順やサイトのURLはインターネットで調べられます。

テンプレートを選択する

手順に従って進行します。人気プレートを選択します。その後にもっと見るボタンをクリックします。するとテンプレートが表示されるので選択します。

パラメーターを入力する

タスク名は分かりやすいようにしておきましょう。たとえば、東京都の美容室を検索する場合は、東京都の美容室リストのように作成します。パラメーターはキーワードと勤務地を入力します。タスク名と混同しないようにしてください。

抽出を実行する

基本情報とパラメーターを入力すると次の段階に移ります。保存して実行すると、ローカル抽出とクラウド抽出が選択できます。無料版はローカル抽出のみとなっているので、無料版の利用者はそちらを選択します。なお、クラウド抽出は短時間で抽出可能です。現時点では無料版を利用している人も、今後の業務量などを踏まえてプランを変更してみましょう。完了するまで待機します。

データをエクスポートする

抽出が完了するとデータをエクセルなどにエクスポートします。このように、専門的な知識や技術を保有していなくても簡単に営業リストを作成できるので試してみましょう。

まとめ

効率的に営業活動するために、質の高いものを作成しましょう。作成方法はインターネットに掲載されているので、細部はそちらを確認してください。オンラインで上手にデータ収集を実施して、残りの時間を営業活動に割くようにすると成約率も向上するでしょう。また、成約率を向上させる方法として、自社のサービスを利用してみたいと思ってもらうためのトークスキルを身に付けることです。自社のサービスの宣伝だけで終了しないようにしましょう。