法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

BtoC向けサービスを展開する企業必見!個人情報の適正な取得方法について

公開日:2022/04/01  最終更新日:2022/05/19

個人情報

昨今、情報はビジネスにとって欠かせないものとなっています。「より多くの質の高い情報が欲しい!」と考えている企業もたくさん存在することでしょう。そんなときに気になることといえば、情報の集め方について、ですよね。今回は、BtoC向けのサービスを展開する企業の方に向けて、個人情報の適正な取得に関する話をします。

個人情報の「適正な取得」とは

一般の消費者を対象としてビジネスを行っている方にとって、個人の情報は欠かせない、大切なものとなっていることでしょう。中には「もっと多くの情報を効率的に活用して、ビジネスに役立てていきたい!」と考えている方もいるはずです。

しかし、個人情報を集めるときにはさまざまに注意もしなければなりません。ここではまず、個人情報に欠かせない「適正な取得」について見ていきましょう。個人情報を手に入れるときには、適正な取得を心がける必要があります。

言葉どおり、個人の情報を正しい方法で手に入れること、が適正な取得の指すところとなります。具体的には、個人情報は、嘘の目的を伝えて偽ったり、そのほかの不正な手段を使ったりして入手してはいけないことになっているのです。

判断能力が充分に備わっていないと考えられる相手から家族などの情報を聞き出すこともできないうえ、不正な方法を使って個人情報を集めることを促しその事業者から取得することなどもできません。

また、要配慮個人情報の取得も認められていません。要配慮個人情報とは、人種や病歴、犯罪歴など取り扱いを行う際に配慮しなければならないような事項を含んでいる個人情報のことです。もちろん、個人情報を取得するときには、このほかにもさまざまなルールが存在します。

まず、取得する個人情報の利用目的については、きちんと特定されていなければなりません。そして、情報を提供してくれる人に確実に確認してもらえるようにし、同意を得る必要があるのです。さらに、取得する項目についてはすべて公表することが求められます。

個人情報を集めて利用する際には利用目的だけでなく、項目にも漏れがないか、きちんと確認しておいてください。これらに加えて、情報が違法な方法で手に入れられたものでないかについても気をつける必要があります。

たとえば、リストを販売する業者から情報を購入する場合などです。違法な方法で集められたものだとは知らなかった、で済まされる問題ではないので、個人情報を扱う場合には、クリアな状態で手に入れられたものだけを利用するようにしましょう。

個人情報の集め方によっては違法になることも…

前段でも述べたとおり、個人情報は正しく集めたうえで利用することが求められます。適正でない方法で手に入れてしまうと違反となり、処罰の対象となる可能性もあるので充分に注意をしましょう。

一度でもこのような事態に陥ってしまうと、これまでの事業で積み上げてきた社会的な信用も、失ってしまうことになりかねません。ちなみに、取得する前に個人情報を利用する目的を告げ、同意をもらうことは大切ですが、個人情報を取得した後に利用目的を変更する場合も同様です。

変更の目的とともに通知をし、同意を得なければなりません。一度取得すればどう使ってもよいというわけではないので、この点にも注意を払っておくようにしてください。

個人情報の取り扱いは慎重に!

これまで見てきたとおり、個人情報を取り扱うときにはさまざまな決まりが存在しています。ビジネスの発展につながる情報が足を引っ張るようなことになってはいけないため、BtoC向けのサービスを展開している企業の方は、くれぐれも慎重に個人情報を取り扱うようにしてください。

もちろん、リストを販売している業者から個人のリストを購入すること自体は、悪いことではありません。正しく手に入れられたものであれば、ビジネスにも大いに役立てることができるのではないでしょうか。

ただし、悪質な業者が存在しないというわけではないので、その点には注意もしておくようにしましょう。具体的には、購入の際にどのような経緯で個人の情報を手に入れたのか確認しておかなければなりません。

万が一それらの情報が不正に取得されたものであれば、前段で述べたようなリスクもあるのでこの手間を省くわけにはいきませんね。そのうえで、ターゲットに沿ったリストを提供してくれる業者を選べば、商品やサービスの提供にも活かせる可能性が高まりますよ。

インターネット上では口コミなども調べられるので、悪い評判や気になるコメントにあふれていないか事前に確認しておくことも有効といえるでしょう。

 

個人情報の取り扱いについて、理解を深めることはできましたか。情報が必要になるときには、ビジネスのことだけを考えず、慎重に進めるようにしなければいけませんね。リストの販売業者はたくさん存在しているので、購入を検討するときには業者選びにも力を入れて取り組むようにしてください。口コミの評判を調べたり、自社に合ったリストを提供してくれるか考えたりすることも、有意義な検討のために大いに役立ちますよ。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧