法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

ダイレクトデータ

リスト販売業者というのは非常にたくさん存在していますが、その中でもひときわ評価が高く、ランキングのトップを獲得したのは、株式会社オルテルの運営している「ダイレクトデータ」です。

高評価を獲得している理由は、なんといってもデータの豊富さ。なんと、リストの保有数に関しては業界トップだと言われています。営業で顧客を獲得するためには、多くのターゲットへアプローチを行うことが必要不可欠です。ただ保有数が多いだけでなく、光回線や各キャリア判定などリスト精査にも強いのが特徴です。

リストの豊富さにも関わらず、リストの代金はかなりリーズナブル。1件につきわずか3円というコストパフォーマンスのよさですので、体力のない会社であっても安心して利用することが可能となっているのです。データ販売業者をすでに利用しているけれど、毎年コストがかなりかかってしまっているという場合は、乗り換えを検討してみるのもよいでしょう。

リーズナブルなだけでなく、アンケートを使って在宅率が分かるデータも提供してくれます。

提供されるリストがどれほど役に立つものなのか、テスト使用可能なお試しプランも完備。しかも、1回だけではなく納得がゆくまで何度でも取り寄せを行うことが可能となっています。データ販売業者の利用をまだ本格的に考えていなくても、FAXDMなど含め、営業面を全面的にバックアップしてくれるので、一度はコンタクトをとってみたい会社と言えます。

カテゴリー細分化によって営業効果がアップ!

リスト販売業者を利用するにあたって重要となるのは、そのリストを使って営業を行うことにより、どれだけ効果がアップするのかということでしょう。その際問題となるのがリストのカバーしている範囲。ただ単に、性別や年齢別に適当な分類を行っただけのリストを使用したとしても効果は期待できません。ニーズが見込まれる層にアタックを行うため、いわゆる「カテゴリー」は細分化しなければならないのです。

このダイレクトデータであれば、カテゴリーの詳細な細分化が可能となっています。法人別や企業別、男性サラリーマンや女性キャリアウーマン、そして教員や公務員等々、さまざまな形態に分けることによって、より効率的な営業を行うサポートができるようになっているのです。

特定の層に対して効果が期待できる商品を扱う企業であれば、このダイレクトデータの利用によって高い成果アップが期待できるでしょう。

回線別リストがあるから通信業界に強い

さらに、このダイレクトデータでは、一般的な形態のリストとは別に、「回線別リスト」も扱っています。

回選別リストとはその名の通り、ターゲットが使用している電話やインターネットプロバイダの回線、携帯電話のキャリア等に基づき分類化を行ったリスト。一般的な販売業やサービス業においてはそれほど需要がないかもしれませんが、通信関係のサービス営業を行う業者にとってはきわめて重要なデータとなり得ます。別の業者の回線を使用しているターゲットであれば、値段やサービスに応じて鞍替えを行ってくれる可能性があるからです。

この回選別リスト、実は扱っている会社がそれほど多くありません。だからこそ、豊富なデータ保有数を持つダイレクトデータが支持されるのですね。

個人リストを提供してくれるからさまざまなセグメントに対応できる

ダイレクトデータが提供をしてくれるのは、各種法人のリストだけではありません。一般家庭、すなわち個人ターゲットのデータをまとめたいわゆる「個人リスト」の提供も行ってくれます。

個人リストの提供による効果が期待できるのは、やはりBtoCを主軸においた企業でしょう。一般個人の豊富なターゲット数を獲得することができれば、テレアポや訪問、DM等様々なセグメントによるダイレクトにアタックの効果が上昇し、成約率のアップにもつなげられます。

セールスや契約獲得等、個人をターゲットとした事業を営んでいる方は、ダイレクトデータの積極利用をおすすめいたします。