法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

リスト販売業者へのリストの注文はどのくらい細かくできるの?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/07

リストといっても使い方によってはそのままの状態ではなく少し加工してもらったほうが使いやすい場合もあります。また、業者が用意してもらったものでも必要がない情報と必要な情報が仕事の内容によって違ってきます。そこで、両者に対してどの程度まで細かく注文をすることができるでしょうか。

中身をどの程度まで変えることができるのか

業者は、さまざまなデータを持っていますので、それらを駆使して販売を希望している人に売却をしていきます。業者のほうも、それなりにしっかりとしたデータが集まっていることが重要になります。

これらの情報がしっかりとしていれば、利用しやすいと言えるでしょう。業者の中には、中身のないリストばかり思っているようなところもありますが、それでは利用する価値がないといえます。

利用する人としては、まず口コミや評判などからどのような内容になっているかを判断することが必要です。あまり口コミや評判が悪いものは避ける必要があります。ある程度まで業者を絞り込んだ後には、実際にどこまで要望に応えてくれるかを聞いてみましょう。

例えば、メールアドレスを2000件欲しい場合、両者のほうで2000件と言う一生を使っていないとします。扱っているのは1000件と3000件の場合には、2000件では販売してくれない可能性があるわけです。このような場合は、業者によって柔軟に対応してくれるところとそうでないところがあるでしょう。

比較的売れ行きが良い業者は、細かいところに対応してくれない可能性もあります。細かい顧客の要望ばかりに対応してしまうと、非常に仕事が多くなってしまう可能性があるからです。逆に、あまり売れていない業者の場合には、顧客を逃さないと細かいところに対応してくれる可能性があるでしょう。

次に、エリアをかける方法なども考えられます。メールアドレスの場合は、エリアをかけるのは非常に難しいです。例えば、東京都の人だけにメールを送りたい場合東京都に住んでいる人のメールアドレスをくださいと言われても不可能なこともあり得ます。

しかし、電話番号ならばある程度都道府県で区切ることは可能でしょう。そもそも電話番号を見れば、どこに在籍しているかがわかるからです。このように、地域やエリアによって限定する場合業者に細かい要望を伝えることが重要になります。結果的に、質の高いデータを所持することができるかもしれません。

データ形式にするか紙にするかの要望

リストにはさまざまな種類がありますが、データ形式のものと紙媒体のものの2種類があります。基本的に最近は、送料等を考えると紙媒体のものよりもデータ形式のものが多くなっています。データ形式のものは、いざ紙媒体にしようと思えばプリンターを使って紙媒体にすることも可能です。

しかし業者によっては、紙媒体のほうが良いと言うところもあるでしょう。この場合には、まだ手に入れる前の段階でどちらかを選ぶことが可能になります。もちろん業者によっては選べない場合もありますが、柔軟に対応してくれるところも多いでしょう。

テスト販売業者の中には、紙媒体でしか使っていないようなところもあります。それは、情報が流出してしまう恐れを避けるためです。もちろん紙媒体でも情報が流出してしまう可能性がありますが、ネット上で流出する可能性があるほうが紙媒体を道に落としてなくしてしまうよりも可能性が高いと思います。

しかも、ネット上で流出してしまうと、さまざまな問題が起こり得ます。つまりネット上に流出するほうが一気にその情報が広がる可能性があるということです。いくらリスト販売業者でもそれは避けなければいけません。そのためかなり充実したセキュリティーを持っていなければ紙媒体にしたほうが安心ともいえます。

時間や期限等を要求することができるのか

リストを手に入れる場面では、急がなければならないこともあるでしょう。例えば、ダイレクトメールを出すのにあと3日しか時間がないような場合は、業者に問い合わせていつまでに用意してもらうかなどの希望を伝えることも可能になります。

もちろん業者としても可能な限り対応してくれますが、あまり無茶な要求はできないためその点は気にしておく必要があります。

 

リスト販売業者からリストを買い取る場合には、細かな要望を伝えることも可能になります。例えば、どれだけの数が欲しいかなどを伝えることにより、顧客の要望に合わせて数を調整してくれるところもあるでしょう。また、データ形式にするのか紙媒体にするのかを選べる可能性はあります。

それに加えて、期限が迫っている場合にはその期限を伝えて大至急送ってもらうことも可能になります。ただ、業者としてもできることもあればできないこともありますので、その点は顧客の側としても理解しておかなければいけません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧