法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

法人リストの購入データはどんな業種でも対応できる?

法人リストは企業の取引先を効率よく探すときには便利なものですが、提供されているデータや業種にも種類があります。必要としている業種や業界の情報でないと購入しても意味がなくなります。 ここでは主な法人リストの種類や業種の種類、メリットなどについて紹介してます。

リストサービス業者が提供する主なリストの種類

法人リストを提供している業者によって、提供してくれるリストの種類は違いますが、主に次のようなものがあります。一般法人データは業種と地域で絞り込むことが可能で、コストパフォーマンスも良いです。1件の価格がかなり安いため多くのターゲットにアプローチしたい時には最適で、電話営業やFAX配信、DM発送などのサービスと一緒に利用すると無料レンタル利用もあったりします。

様々な条件で絞込が出来るのが詳細法人データで、これは他にも設立年や資本金、従業員数に決算月、売上額に上場区分、本支店などより詳しく情報が掲載されてます。より精度の高いターゲット絞込んでアプローチなどが出来ますが、1件あたりの金額は高めになり必要な項目によって金額も違ってきます。他にも代表者名等のオプションもあって反応率を高めるときにも活用出来ます。

設立したばかりの企業のデータが欲しいときは新設法人データが便利で、直近3ヶ月以内に設立した法人リストです。住所と会社名だけのデータですがDM送付用や訪問営業用として活用出来ます。 設立したての法人だと必要な設備やサービスが整ってないことも多く、商材やサービス次第で有効な見込み客になります。

他に作成や購入したリストに対し、FAX配信サービスや電話営業でテレアポ代行の利用、プリントDM便を使って送ることも可能です。 法人リストの購入は、ただ相手の情報を得られるだけでなく、それを活用して会社が提供しているサービスなどを売り込むことも出来ます。

どのような業種のリストができるのか

一般的な法人リストを入手するには、専門のリサーチ会社などに依頼して作成します。一般的に電話やメール、公式サイトから問い合わせフォームなどを使ってリスト作成を希望する件数や職種、地域などを知らせます。この時に用途もあわせて伝えてFAXで営業するのかや、ダイレクトメールやテレアポなどを使うかなどを伝えます。

リサーチ会社は独自にネットワークを持っていて多くの業種に対応していて、バーやスナック、料亭や喫茶店、各国料理などの飲食業、日用品やファッション関連、お菓子やパンなどの食品関連などです。他にも自動車などの小売業から塾やカルチャースクールなどの教育産業など幅広いです。 設計やデザイン、新聞や出版会社に旅館やホテルなどの法人リスト作成も可能で、長年運営しているリサーチ会社だとたくさんのリストを作成してきた実績も豊富にあるので、自分では予想してなかった営業先を提示してくれることもあります。

会社や企業は細分類で約8000業種もあると言われていて、その中から自分の会社が営業出来る可能性が高い企業の紹介もしてくれます。顧客層のターゲットが明確でない時でもリサーチ会社からの提案で新規に開拓できる会社を見つけ出すことも可能で、抽出した会社から指定するとダイレクトメールを送付するサービスなども一緒に行えるので、かなり利用する価値は高いです。 ターゲット層を絞り込みたい時や、新たに見つけたいときにも役立ちます。

法人リストを使うメリットについて

企業や会社にはどういった企業へ自社の製品やサービスなどを購入してもらうかや、使ってもらうかは重要です。ターゲットになる会社の特徴やニーズを的確に把握してから、それに対応して営業活動をすることは利益を上げるには欠かせないことです。

これまでのように飛び込み営業では相手にしてもらえなくなっているのが現在の状況です。無理に営業をしても単なるしつこい押売りになってしまうので、今後の得意先となってくれそうな会社の状況や悩みなどを明確にすればそれにあわせた有効な営業戦略も出来ます。

営業をするときに必須なのがターゲット企業のリストで、インターネットを使えば自社でリストを作成することも出来ますが、手間や時間もかかりその人材確保もしなければならず効率性に欠けます。 リストを作成するのにコストをあまりにもかけるのは無駄になるので、作成を専門とする会社から自社の見込み顧客をリストアップした法人リストを買った方が手間もかからず早く知りたい情報を得られます。

専門的な法人リスト製作会社は豊富にデータを保有していて、依頼をされると業種や地域、会社の規模などを絞り込んだデータを作成します。大体の目安で一般的なものだと1件あたりが5円から15円程度です。 1件の見込み客を見つけ出すのにかかるコストとしては安いですし、社員がネットを利用して1000件のリスト作成をするには1000分かかると言われていて、ずっと行っていくと約2日かかります。 これを依頼すると5000円から1万5,000円程度で済ませることも可能で、社員も他の作業を行えるためコスト削減でも得られるメリットは大きいです。

法人リストを提供している専門の業者は、様々な業種のデータを保有していて自社が欲しいと思うデータに合わせたものを提示して作成してくれます。一般的なものから、より詳細になっているものまで希望する項目だけ増やすことも可能なので無駄なく、欲しいリストだけ購入出来ます。

サイト内検索
記事一覧