法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

法人リストを申し込んでから抽出されるまでどれぐらいの時間がかかる?

法人リストを申し込んでから抽出されるまでどれぐらいの時間がかかる?

 

すぐにでも法人リストを手に入れて営業活動を促進したいというときには、販売会社に申し込んでから適切な法人を抽出してもらって納品を受けられるまでにどの程度の時間がかかるかが気にかかるでしょう。
業界で標準的な日数についてだけでなく、どのような要因があると納期が長くなってしまうのかについても理解を深めておくのが大切です。

 

一般的な法人リストの納期はどの程度か

法人リストを用意して欲しいと販売会社に問い合わせをしてからリストの抽出が終わって納品されるまでの期間は業者によって多少の差があります。
一般的には発注が完了してから、抽出を終えたリストが完成するまでには一営業日から三営業日程度が必要とされているのが現状です。
ほとんどの販売会社ではリストアップの作業だけなら一営業日以内に終わるようになっています。
そのため、重要なのはその前後にどれだけの時間がかかるかです。

〇流れ
発注を完了するまでの手続きの流れについてまず理解しておきましょう。
①販売会社に相談を持ちかけるとヒアリングを受けることになります。
その内容に基いて適切な法人を抽出してリストアップしてもらうという流れになるからです。
ヒアリングを電話などですぐに行ってくれる場合には即日でリストアップを始めてもらえますが、対面で対応するというときにはアポイントメントを取らなければなりません。
翌日以降になるのが基本で、長い場合には一週間程度がかかる可能性もあります。
互いの都合が合うかどうかが問題なのでケースバイケースです。
②また、作業開始前に入金することを求められる場合が多いので、支払方法によっては一日か二日程度の時間がかかる場合もあるでしょう。
クレジットカード決済を選べばすぐに対応してもらえますが、銀行振込などの場合には時間外になってしまっていると翌日以降になるからです。
③一方、納期には納品方法が大きく影響します。
リストアップしたデータをどのようにして納品してもらうかは選択可能な場合が多いですが、対応している方法は販売会社によって異なるので注意が必要です。
メールに添付して送ってもらえる場合には完了次第すぐに送ってもらえるので納期が短くて済みます。
それに対して紙媒体にして納品してもらうケースや、メディアにデータを入れて郵送や宅配で送り届けてもらうというケースでは発送の翌日か翌々日になってしまうのが一般的です。
業者によっては店頭での引き取りに対応してくれる場合もあるので、納期をできる限り早めたいというときには相談してみると良いでしょう。

 

納期が長くなってしまう要因とは

想定していたよりも納期が長くなってしまって困ったというケースもしばしばあります。
販売会社に相談して見積もりを取ると納期は明確になりますが、一営業日程度で送ってもらえるだろうと想定していたのに一週間近くかかってしまうようなときもあるのです。
見積もりまでに時間がかかっていたケースを除外しても、なお時間がかかるケースとして典型的なのがオプションの内容を多く選択してしまったというものがあります。
★特に時間がかかりやすいのが連絡先の検証を行った上で納品してもらうオプションを選んだ場合です。
代表的なサービスとして多くの販売会社が行っているのが電話番号クリーニングで、法人リストに挙げられた電話番号が現在も使用されているかどうかを確認した上で納品してもらえます。
これが標準のサービスとなっているときに膨大な数のリストアップを依頼するとかなりの労力がかかるため、数営業日程度は時間を必要としてしまうことがあるのです。
★また、電話番号だけでなくFAX番号やメールアドレスについてもクリーニングをしてくれるサービスもあります。
その項目数が多くなるほどクリーニングに時間がかかってしまうため納期が遅くなってしまいがちです。
短期間で納品してもらえるかどうかは販売会社の運営体制によっても異なります。
クリーニングを利用するときには見積もりを取って納得できない場合には他の販売会社にも相談してみると良いでしょう。
急ぎのときには同時に見積もりを取って、最も納期が早い販売会社に依頼するというのも賢い方法です。

 

急ぎのときこそヒアリング重視の販売会社へ

急ぎで法人リストを納品して欲しいときほど迅速なサービスを実施している販売会社を選びたいと考えてしまいがちですが、それが必ずしも正しい選択になるとは限らないので注意しましょう。
ヒアリングを徹底して行ってくれる顧客重視の販売会社の方がかえって納期が早くなることもあります。
社内でどのように法人リストの抽出を行っているかによって違いはありますが、急ぎだから納期を早めて欲しいというのに柔軟に対応できる体制を整えている会社もあるのが実情です。
顧客のニーズに応えることを重視している会社ほどそのような体制を整えるのに注力していると期待できるでしょう。

〇まとめ
法人リストをできるだけ早く納品して欲しいというときには内容によっては一営業日程度で手に入れられます。
しかし、クリーニングを希望するときには時間がかかることもあるので、よく比較をして見積もりに基いて依頼先を決めるのが大切です。

サイト内検索
リスト販売業者ランキング
ダイレクトデータ
NEXEL株式会社
株式会社スクエア
ウリゾウ
プレゼンス(株式会社プレゼンス)
記事一覧