法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

営業の質があがる?良質な見込み客のリストの増やし方とは

公開日:2024/02/15  

?

顧客リストは営業活動の効率をあげるための優秀な存在です。情報をリストアップすることで、優先順位をつけて活動出来ます。成約にむけて大きく貢献するでしょう。そこで、顧客リストの記載内容は重要です。業界によってさまざまですが、価値ある情報を入力すべきでしょう。ここでは、見込み客を増やす上手な活用方法を紹介します。

良質な見込み客リストはどう作る?

必要性の高い情報をまとめることで、営業計画を立てやすくなります。

とくに見込みがある顧客のデータをわかりやすくすることは重要です。ここでは、見込み客リストの具体的な作り方を解説しています。

ターゲットをしぼる

まずは、自社の商品やサービスにフィットする企業をピックアップする必要があります。

売れる可能性がある業界や企業名をリサーチしましょう。商品やサービスは企画段階でターゲットを設定されているので、そこをヒントに営業先を決めます。ターゲットとずれた企業をピックアップしてしまうと、無駄な営業活動になるので慎重になりましょう。

具体的なリサーチをする

まずは、ターゲットとなる業界を調べることが重要です。

どのような動向や流行があるか、そこで求められること、使用するモノやサービスの価格などです。多方面で理解することで、いざ商談するときに、相手に寄り添いながら悩みを解決したアプローチが出来るでしょう。

また、必ず商談したい企業をしぼることも重要です。自社の商品やサービスと相性が良いと判断した企業は、何軒もリストアップしましょう。

見込み客の整理

企業名や住所、電話番号はもちろんですが、先方の担当者名や携帯番号などを記載しましょう。

スムーズにアポイントをとるために使うリストでもあるので、無駄な調べ事が生じないリストが理想的です。さらに、商談内容を記録しておくことも重要で、提案やそれに対する反応・要望も詳しく記載すると良いでしょう。

見込み客リストの更新

見込み客だからこそ、正しく、詳しい情報を入力しなければなりません。

そこで、電話やメールでのやりとりなど、些細なことも随時入力していきましょう。リストの情報が古いままで、先方との話が噛み合わない状態になると不信感につながります。鮮度の高い情報は、丁寧な気遣いをするためにも重要です。

営業戦略に使えるようにする

顧客リストは、見込み客に対してアプローチの仕方を考える資料になります。

先方担当者によって、商談のチャンスや方法は様々です。また、アプローチ前にフェアやセミナーなど、企画へ招待することもチャンスになるでしょう。深くコミュニケーションをとったうえで、興味を持ってもらえるヒントをリストに入力しておくことが重要です。

商談内容と結果の更新

いざ商談にいたったときは、提案内容や結果を必ず入力しましょう。

成約した場合は、他への応用が出来るでしょう。また、成約に至らなかった場合は、改善点を考えるきっかけになります。

良質な見込み客リストを増やす方法

見込み客をピックアップするにあたり、各企業のリサーチはとても時間がかかります。

営業職であれば、いかに多くの企業にアポイントをとるかが優先です。企業リサーチに時間を割いていては、営業活動がしにくくなるでしょう。そこで、リスト販売業者の利用がおすすめです。ここでは、リスト販売業者のサービス内容を紹介します。

リスト販売業者の魅力

業者にもよりますが、月に5,000円程度のコストで10万件以上の見込み客データが入手できます。

業界ごとに自ら検索するシステムもあるので、おおまかなターゲットさえ押さえていれば瞬時にピックアップが可能です。急なリスト化が必要なときや、とにかく大量に見込み客が欲しい場合とても効率的に業務が進みます。

営業職への負担が軽減するため、質の高い商談が出来るようになるでしょう。成約率アップにはかかせない存在です。

優良なリスト販売業者を選ぶポイントは?

ここでは、リスト販売業者の選び方を解説します。

さまざまなサービスがあるので、自社と相性のよいリスト販売業者を見つけましょう。また、注意すべき点もあるので、理解したうえでの契約がおすすめです。

検索・絞り込み機能

大量の企業情報のなかで、あらゆる項目にしぼってリスト化出来ると便利です。

営業方法を考えることや、アプローチのタイミング、フィットする商品やサービスの選出など、さまざまなことが分析出来ます。

悪徳業者に注意

リスト販売業者のなかには、不正で入手した情報を高額で販売している悪徳業者が存在します。

誤って購入してしまうと、自社の社会的信用を失いかねません。何社かのリスト販売業者を比べ、ホームページや口コミを必ずチェックしましょう。価格相場や使い心地などをリサーチしたうえで、不安点のない業者を選ぶことが重要です。

不使用情報への対応

大量の情報を提供してくれるリスト販売業者ですが、いざ絞りこんで使用すると不要な情報が混ざっていることもあります。

その場合、返金対応する業者が存在するので、契約前に確認してみましょう。

 

まとめ

成約率アップにむけて、顧客リストはとても重要です。有益なデータ管理をすることで、営業活動の質は大幅に上がります。また、繰り返し、検証や戦略に応用することも可能です。ぜひ、リスト販売業者を利用してみてはいかがでしょうか。少ないコストでも充分なサービスがあるのでおすすめです。また、企業の発展のためにかかせない存在になるでしょう。