法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

リスト販売において高額になるリストとは

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/17

リストと一口にいっても、安いリストもあります。これはランダムに抽出されていたり、古い情報のままであるなど、使い勝手の悪いリストである可能性もなきにしもあらず、しっかり吟味したいものですが、反対に、高いリストとなるのはどんなものでしょうか。

詳細化されていればいるだけ高値

個人リスト・法人リスト・回線判別リストなどの種類があるものの、提供する値段もピンキリです。優良と評価されているリスト販売業者のなかには、1件あたり3円という安値を叩き出しているところもあります。

では、高額になるリストとはどんなものになるのでしょうか。それは提供されるリストがどれほど役に立つものなのかによって安値・高値がつくのです。リスト販売業者いわく、カバーしている範囲で取引をしているようです。年齢や性別など、適当なカテゴリー分けをしただけのリストでは費用対効果は期待できないといいます。

『ニーズが見込めるリスト化』されているというように、カテゴリーを細分化しているだけ高額になります。

また、その情報に希少性がある、もしくは貴重であることもあるでしょう。扱っている企業が多くはないのなら、豊富なデータ保有数を持つリスト販売業者が支持されるのではないでしょうか。

例えば、回線判別リストも値がつくといいます。一般的な販売やサービス業では需要がないものの、通信関係のサービス営業には重要なデータになるはず、今や営業も足を使わず頭を使う時代です。SNSやSMSなども駆使すれば効率的に営業効果が得られるかもしれません。

最近は、法人化するサービスも多様化しています。ユーチューバーという職業も誕生しています。職業別リストでも『新事業』というジャンルは未知な領域でもあり、そうしたリスト販売は高額になりやすい声も耳にします。

情報が特定化していればいるだけ高値

提供されるリストは、1件あたり5円から10円程度が相場ですが、高額になるリストは『選別化』されたリストでもあります。日本最大級のデータベースを保有しているところでは、大容量のサーバーにはさまざまな分野の法人・企業・営業リストを蓄えている場合もあります。

しかし、それらをすぐに提供するだけでなく、細かなヒアリングの機会を設けるところもあります。潜在的なニーズまで呼び込むためにも、それに見合ったリストを使いやすいような形で提供してくれます。

リスト販売では、月額制(定期利用)を導入しているケースがあります。となれば、鮮度の高い情報でなければなりません。古い情報をふるいにかける、リストデータは常にメンテナンスされ、古い内容は排除できるようサポート体制も整えられています。

やはり、高額になるのは手間がかかるリストというのも一理あるでしょう。役立つ情報が大量にあっても、異なるジャンルが複数含まれているなら、選別に時間もかかります。

業種別法人リストもその類で、業種ごとに作成するのですが、情報の属性にバラつきがあり、欲しい情報が少ないと、どうしても思うようにコンタクトが取れないこともあるのです。希望する業種を指定する、いわゆる特定の分野に特化したリスト販売は高額になりやすいようです。

鮮度がある情報だからこそ高値になる

提供されるリストは、個人情報管理が徹底されていればいるだけ、やはり高額になるようです。もちろん、リスト販売という売買に関して法律的には問題はありません。ですが、情報化社会でもある今、個人情報の流出トラブルなども深刻化しています。

リスト販売業者の中には、法人や個人のデータを扱っているからこそ、個人情報の管理に対して徹底しているようで、リスクなしの情報だけを提供することに努めているといいます。だからこそ、そうしたリストは値が張るのです。リスクは古いリストよりも最新のリストにこそ多いといいます。

情報もあやふや、不透明である分、どうしても正確な情報なのかを確認する作業が必要にもなります。もちろん、手間もコストもかけたくないリスト販売業者も少なからずいるでしょうし、ランダムに抽出しているはずです。手間をかけるのはやはり優良の証でしょう。

典型例として定期的にリストを提供するサービスがありますが、月額で数千円からというように高値です。『鮮度』リストは高額であり、特に新規顧客開拓のためのリストを指しています。

新事業をスタートさせたばかりの法人リスト、そのなかでも、全国規模でなく地域性に特化したもので特定の地域で営業活動をするなら、その地域に限定したものを入手することが必要です。古いリストは情報も古いまま、使えないこともありますから安値での取引ができますが、新着であればあるだけ高額になりやすく、費用対効果もあるといいます。

 

住所や電話番号、いろんな情報を掲載しているのが法人リストや個人リストであり、リスト販売業者から手に入れることができます。相場は1件あたり5円程度ですが、なかには数千円からというようなリストもあるようです。

高額になる条件は、提供する際に手間がかからないこと、新しい情報であることなど、使い勝手のよさがあるようです。もちろん、貴重や希少価値による内容もありますから、適したリストを提供してもらいましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧