法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

信用できるリスト販売業者の見分け方とは?

公開日:2020/02/01   最終更新日:2020/02/14

営業にとって『リスト』というのは非常に重要なもので、便利なのがリスト販売業者です。ただ業者自体は優良なところも数多くありますが、中には違法行為によって情報を得ているところもあります。では、信用できるリスト販売業者とは、一体どのようにすれば見分けることができるのでしょうか。

正しく運営している業者かどうか

企業に関しては、すでに第三者が利用することを前提として情報を公開しているので問題はありませんが、個人の情報に関しては個人情報が大きく関わってきます。この法律は個人情報を第三者から守ることを目的として作られており、すでに平成29年から施行されている状態となっています。

そのため、情報の扱いは非常に気をつけるべきものとなっており、適当に扱っている業者を利用するのはかなり危険なことだということができます。そのため、実際に業者を選ぶ際はその業者が正しく運営しているかどうかということをあらかじめチェックする必要があるといえます。

現在、業者が正しく営業する場合に必要とされている条件は2つありますが、その一つは業者がしっかりと監督官庁に届け出を出して業務をおこなっているかということです。監督官庁となっているのはこの場合個人情報保護法委員会となりますが、そこに個人情報の提供事業者であることを届けていなければなりません。

また、現在では多くの業者が自社のサイトを用意していますが、そこにどのような情報を扱っているかというのを明記することも必要です。これらの2つのポイントをしっかりと満たしているところは、基本的に安全で優良と言えるので信頼できる業者ということができるでしょう。

料金設定が分かりやすくなっている

リスト販売業者の利益は、どれだけリストを販売することができたかということになりますが、優良業者は法外な値段を請求することはありません。あくまでも妥当な値段を請求してくるので、基本的に相場に近い額で販売してくれるところは安心して利用できるといえます。

反対に悪徳業者自体は、たしかに使える情報を持っている可能性もないわけではありませんが、その金額はかなり莫大な場合も十分あり得ます。したがって、相場を見てみて、その金額がどれだけかけ離れているか、それとも近いかというのを見て業者を選んでも良いでしょう。

ただリストの販売額自体はその業者によっても違っているので、どこに依頼しても同じ金額が請求されるというわけではありません。したがって実際に利用する際はそれぞれの業者に見積もりを依頼し、内容と金額が見合っているところのものを購入する様にします。

悪徳業者と呼ばれるところは、残念ながら見積もりを依頼しても対応してくれなかったり、分からない点を聞いてもはっきりと説明してくれない可能性もあります。実際に業者を選ぶ際は、まずは見積もりを依頼してみてそれにしっかりと対応してくれるかどうか、さらに質問に応じてくれるかをチェックしましょう。

分類したリストを提供してくれる

企業の場合は住所・電話番号・メールアドレス・FAX番号などの情報がリストとなっており、個人の場合は性別や生年月日などの情報も掲載されています。とはいえ、全ての情報が混ざっている状態だとなかなかうまく調べることができず、結果的にあまり使える情報ではないなんていうことにもなりかねません。

そこで使える情報を手に入れるためにも、これらの情報はしっかりと分類されている状態になっていることが必要不可欠といえます。現在信頼できる優良業者と呼ばれるところは、こうした情報の管理だけでなく分類なども丁寧におこなっています。

だから営業をする場合に非常に使える情報、使い勝手の良い情報を提供してもらうことも十分可能となっているのです。ただ、いろいろな情報がまとめられてはいますが、全ての情報がそこには掲載されているわけではなく、例えば信仰している宗教や犯罪歴、さらに病歴などは提供されていません。これらの情報は提供すること自体が不可能となっているので、販売することだけでなく買い取ってもらうこともできないので注意しましょう。

 

リスト販売業者を利用するとリストを作成する手間を大幅に減らすことができるメリットがありますが、業者にはいろいろなタイプがあります。信頼できる優良業者を利用するためには、まずはしっかりと情報の提供業者であることを監督官庁に届けていることが重要なポイントになります。

さらにその業者のサイトにはどんな情報を扱っているのかを明記しているところを利用するようにします。料金に関してはしっかりと分かりやすくなっており、見積もりにもすぐに対応してくれるところのほうが優良だといえます。また情報はしっかりと分類されており、扱うことができない宗教や犯罪歴、病歴などに関しては扱っていないところを利用します。