法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

法人リストはBtoB向けのものとBtoC向けのものの違いは?

ビジネスには企業間取引を重視する方向性と、一般の方に販売するやり方の2つのプランがあります。

法人リストを適切に使えば対応でき、それぞれの違いを知っておくとどういう形にすれば良いか判断でるようになります。

 

購入できるBtoBのリストの特徴

会社同士で行うビジネスをBtoBといい、安定した収入が得られるため良く行われています。

企業間取引は信頼関係が重要になりやすく、取引をするためには相手から評価される必要があります。

新しい取引相手を探す場合は自社のビジネスを、必要にしている所を探さなければいけません。

そのためには情報収集がいりますが、法人リストの専門会社ならば十分に対応してくれます。

企業間取引に使えるリストは、会社の情報が中心で事業の特徴などが分かります。

社員の数や最近行ったプロジェクトなど、多くの情報を得られるので効果的です。

相手の会社のリストは事業内容なので、個人情報などを得るのは難しいです。

社員の特徴やトップの良くする行動など、そういうデータは簡単に得られないので注意がいります。

自社に合っている会社の情報を得られるリストは、企業情報なので事業のデータのみ得られます。

事業の特徴は分かるのですが、それ以外については殆ど分からないので注意が必要です。

このリストを使って実際に取引を行うと、想像と違ってしまう場合もあります。

リストでは相手の企業データだけを提供しているので、実際に取引をしないと分からない所も多いです。

会社の情報を得られるリストは、資本金や事業内容などは分かります。

ある程度は会社の傾向なども分かりますけど、大雑把なものなので細かい情報は得られません。

 

BtoCのリストを利用して得られる情報

一般の方向けにビジネスを行うBtoCは、不安定な所がありますが成功すれば大きな利益を得られます。

取引をする場合は情報が必要になりますけど、自社で集めるのが難しい場合はリストの専門会社に頼めば対応できます。

提供されるリストには個人的な情報が多くあるので、具体的な特徴を調べられます。

商品を買ってくれそうな相手を探しやすく、ビジネスを成功させたい時に使える情報です。。

個人向けビジネスのデータは、その人の特徴が良く分かるので便利です。

ただ一般の人に商品を売る場合は、大量にデータがないと上手く行きません。

企業間取引ならば取引を行う、会社の情報さえあればある程度対応できます。

個人向けビジネスは沢山の情報がいるので、リストを手に入れる時の負担は大きめです。

専門会社から提供されるリストは、年齢や職業などの情報が載っています。

正確なデータもありますけど、やや古くなっている場合もあるので注意がいります。

会社の情報は公開されているので、調べていれば常に最新のものにできます。

個人の情報は何らかの方法で得られていますが、基本的に公開されていないため違いがあります。

リストを依頼する場合は情報の品質も重要になりやすく、どの程度正確なのか確認がいります。

個人向けビジネスに使えるデータだと、そのような問題が起こりやすいので注意が必要です。

 

自社に合っているリストの選び方

リストを提供している会社では企業間取引向けの情報と、個人に売る時に使えるデータを販売しています。

企業間取引で利用できるリストは、会社の情報で資本金や従業員の数が分かります

ビジネスの方向性や行っているプロジェクトなどの、多くのデータが得られるのでメリットがあります。

また、企業向けのリストは具体的な情報は少ないですが、正確なので取引をする時に参考になります。

個人に商品を売る時に利用できるリストは、年齢や職業などの情報が載っています

特別な情報なので制限もありますけど、どのような商品を欲しがっているのか分かります。

また、個人に商品を売る時に使えるリストは、具体的な情報があるのでメリットが大きいです。

しかし、個人情報は会社のデータとは違い公開されておらず、提供されているリストの情報が古い場合があります。

なのでリスト内容が正確か、良く調べてから利用しなければいけません。

提供されているデータは企業間取引向けと、個人に販売する時の情報では違いがあります。

専門会社から購入できるリストは、自社のビジネスに合ったものを選べます。

提供されているサービスの特徴をよく調べ、問題がない会社のリストを使えば上手く行きます。

BtoBとBtoCではリストの性質が大きく変わり、同じ感覚で利用すると問題が起こります。

違いを分かって利用すれば、自社にとって価値のある顧客を見つけられます

 

BtoBとBtoCの法人リストには違いが存在しているので、どのような性質があるのかよく考えて選ぶべきです。

企業間取引向けのデータは正確ですが具体的な情報が少なく、個人向けに商品を売る時に使えるものは具体的ですが古くなっている場合があります。

サイト内検索
リスト販売業者ランキング
ダイレクトデータ
NEXEL株式会社
株式会社スクエア
ウリゾウ
プレゼンス(株式会社プレゼンス)
記事一覧