法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

法人リスト販売業者の選び方とは?

法人リストを販売している業者を選ぶ時は、サンプルを取り寄せてみるのがおすすめです。

その際の対応などは、業者を見極めるポイントの1つになります。

それと情報削除も大切です。

さらに不着率に関する返金を基準に、業者を選んでみると良いでしょう。

 

サンプルを取り寄せてみて対応を確認する

リストを販売している多くの業者は、たいていサンプルを送付してくれます。

サンプルには、更新日などの情報が掲載されています。

最近更新されているリストであるかどうかは、軽視できません。

後述するFAXの到達に関わってくるからです。

基本的には、早い時期に更新されている業者がおすすめです。

あまり古いリストですと、相手に情報を送信できない可能性があります。

複数の業者からサンプルを取り寄せてみて、比較してみる方法があります。

きちんとリストを更新してくれているかどうかも、サンプルによって見極められるからです。

そしてサンプルを取り寄せる一番の目的は、業者の対応です。

そもそも業者を選ぶ時には、対応が丁寧であるかどうかは軽視できません。

雑な対応かどうかは、よく観察してみると良いでしょう。

例えばある業者Aの場合は、対応は非常に丁寧でした。

色々質問を投げかけてみたものの、とてもスピーディーに回答してくれました。

回答内容も的を射ていた業者です。

それに対して業者Bの場合は、対応は少々微妙だったとします。

A社とB社を比較してみると、A社の方が無難です。

丁寧に対応してくれる業者は、総じて良いリストを取り扱っている傾向があります。

そもそもリストを使って営業活動するなら、業者の担当者とは頻繁にやり取りする事になります。

やり取りする以上は、担当者の対応が丁寧であるかどうかは軽視できません。

サンプルを取り寄せてみれば、各業者の対応の丁寧さも分かります。

電話やメールなどでサンプルを取り寄せる訳ですが、その際に担当者の対応状況をよく観察して、適切に対応してくれる業者を選ぶと良いでしょう。

顧客からの削除依頼に応じる業者を選ぶ

業者を選ぶポイントは、他にもあります。

削除依頼に応じてくれるかどうかです。

それに応じるかどうかは、適法性に関わってくるからです。

残念ながら、業者によっては法的に正しくないリストを扱っている事があります。

中には法的に問題がある業者も存在しますから、注意が必要です。

もちろん中には、法的には何も問題ないリストを販売している業者もあります。

きちんと合法的な活動を行っている業者かどうかは、よく見極める必要があります。

どうすれば見極められるかというと、削除依頼です。

顧客からの削除に応じる業者なら、たいてい問題ありません。

そもそも電話で営業活動を行っていると、たまに怒られてしまう事があります。

例えば「どこでこの電話番号を調べたのか」と立腹している方に、たまに当たってしまう事があります。

もしくは「この電話番号を、名簿から削除してほしい」と言われる事も、実際あります。

顧客本人が削除して欲しいとリクエストしてきた訳ですから、電話をかける側としてはリクエストに応じる必要があります

そうでないと、様々なトラブルが起こり得るからです。

その主な理由は、プライバシーです。

個人情報を守る事は、法的に義務付けられています。

その情報を守る義務を怠っている業者は、法的に問題があると見なされる訳です。

ですからリスト販売している業者を選ぶ時は、まず「電話をかけた相手からの削除依頼には、応じていますか」と質問してみると良いでしょう。

適法で営業しているリスト業者なら、たいてい応じていると回答します。

逆に、応じてくれるかどうかが微妙な場合、法的に問題がある業者の可能性もあります。

「顧客からの削除依頼には適切に応じてくれるかどうか」は、業者選びの基準の1つになる訳です。

書かれている番号への不達率を確認

それと不着です。

そもそもリストは、電話営業やテレアポだけに活用される訳ではありません。

FAXを使用した営業活動で活用される事があります。

例えばリストに列記されているFAX番号に対して、DMを一括送信してみる訳です。

沢山の法人に一括送信してみれば、数社程度は良い反響が来る可能性もあります。

現にFAXによる営業活動は、一定の成果は出ていますから、試してみる価値はあります。

ただ問題は、書かれている番号が使われているかどうかです。

FAXを送ってみたものの、肝心の番号にDMが届かない事がたまにあります。

すでに番号が使われていないからです。

せっかくお金を出してリストを買っても、肝心のFAXが届かないようでは困ります。

FAXの到達率は、業者選びの基準の1つになるでしょう。

なお業者によっては、「FAX不達の返金システム」もあります。

万が一DMが届かなくても、その分は返金される業者なら、たいてい信頼できます。

 

ですから業者を選ぶポイントは3つあって、対応の丁寧さと削除依頼と、番号への不達率です。

その3つの基準を考慮しつつ、複数の業者からサンプルを取り寄せてみる選び方があります。

それで各業者の対応を観察すると共に、削除依頼について質問してみれば、適切な業者を見つけられる事が多いです。

サイト内検索
リスト販売業者ランキング
ダイレクトデータ
NEXEL株式会社
株式会社スクエア
ウリゾウ
プレゼンス(株式会社プレゼンス)
記事一覧