法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

法人リストを購入して営業力と売上をUPさせよう

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/11/17


見込み客を増やすためには営業活動が不可欠です。しかし自力で営業をおこなうには時間がかかり、必ずしも成果が出るわけでもありません。営業に必要な顧客情報は法人リスト販売業者を活用すると便利です。詳細の情報を購入することによって時間と費用が節約され営業につながります。活用することでビジネスをより良い方向に進められるのです。

見込み客をより効率的に増やすには

ビジネスで欠かせないのは見込み客の把握です。見込み客とは自社の商品やサービスを利用する可能性が高い人や企業を指します。将来的には、お客様となったリピーターなってくれる取引相手といえます。見込み客が多ければそれだけ利用数も増えるので会社の利益に貢献します。見込み客を増やすには広告宣伝をおこなったり直接営業活動をおこないます。

これはインターネットが普及した現在でも変わらない方法です。営業というのは無計画におこなっても良い結果は出ません。自社の製品やサービスに興味がない人にアプローチしても時間を無駄にしてしまいます。

このため営業ではまずターゲットを決めてからおこないます。ターゲットを探す方法はまず自社で収集する方法です。ウェブや電話帳、名刺から詳細情報を得てエクセルなどにまとめます。この方法は従来では良くおこなわれていましたが、時間のコストにおいては非効率です。

最近では法人リストを手に入れることが便利なので多くの企業が用いています。業種別などに分類されたリストがあれば、そこから見込み客になってくれそうなところを選ぶのです。

営業の積み重ねで作ることも可能ですが、法人リストを手に入れるのも方法のひとつです。特に起業したての会社や営業成績が低下してきた会社などはこの方法を活用すると役に立ちます。

信頼できるリスト販売業者を探そう

法人向けリストはいろいろな営業に利用できます。電話やDMなどの営業だけでなく、潜在顧客を探るにもリストは役に立つのです。まだ利用したことのない人とってはどのように法人リストを買ったらいいか分からないかもしれません。

法人リストはインターネットで検索すると多数の販売業者が出てきます。業者によって用意されているリストの中身も違います。特定のリストに特化したり満遍なく多数のリストを用意する業者も存在します。

まずはどんな業種のリストがほしいかを考えてから最適な業者を探してください。業者によって手に入る法人リストも大きく変わっていきます。とにかく膨大なデータがほしいならデータ収集力に優れたリスト販売業者で良いでしょう。特定の地域や年代別のデータがほしいときもそれに沿った業者が見つかります。

リスト業者を選ぶ際はコストも重視しないといけません。コストは1件につき3円から10円ほどとなります。格安な業者なら2円程度で求められることもありますが、リストはあくまで質が大事です。安くても中身がなければ営業活動につながりません。

業者によってはビジネスプランやカタログなども用意されています。プランを活用すればリストを豊富にダウンロードできたり非公開のリストが手に入るのでチェックしておきましょう。カタログは有料もあれば無料でもらえるケースもあります。

もしリストの質を不安に感じるならまずはお試しプランやサンプルを試してみるといいでしょう。お試しプランなら販売業者の質も分かり、格安でリストを参考にできます。

入手前にサンプルも取り寄せてみれば飼った跡にがっかりするリスクを避けられます。サンプルは無料である場合が多いので、問い合わせることで販売業者の対応の良し悪しも判断できます。

リストを購入するにあたっての注意点

法人リスト販売業者はいわば名簿業者にあたります。どんな業者であれ大事な個人情報や法人情報を扱っていることに変わりありません。以前のリスト販売業者なら個人情報を配慮せずに何でも売るといった強引なケースも存在していました。

現在では個人情報保護法により、個人情報は厳密な管理をおこなっているので違反すれば処罰の対象となります。個人情報保護法は本人の同意を必要とし、無断で第三者への情報提供をしてはいけません。

本人から申し出があれば情報提供を停止しないといけません。本人の個人情報を尊重するため、情報を扱うこと自体が忌避されることもあるでしょう。正式なルールであれば収集されたリストを購入することは違法ではありません。

法人は広く情報を公開してビジネスをおこなっています。代表者などのより詳細な個人情報を除けば違法ではなく使うことが可能です。

購入には危険性はないものの、やはり大事な情報ですから取扱いには慎重になりましょう。もし個人情報の開示や削除の要請があれば法人でも従わなければなりません。リストを利用する際はアフターフォローが大切になることも念頭に入れましょう。

 

営業活動には見込み客となるリストが必要です。従来のリスト収集はかなり効率が悪いので、なるべくリスト販売業者などを活用します。地域や性別、会社規模など詳細に絞り込んだリストならターゲットの選定もしやすいです。販売業者を利用する際はリストの質やコストの比較などもおこなって選びましょう。

もし迷っているなら便利なプランやサンプルの取り寄せなどができるかチェックするとよいでしょう。法人情報をどうやって取得しているか明確にしている業者なら安心です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧