法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

通信販売でリストを活用する方法をご紹介

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/20

リストは、業者から手に入れる方法があるでしょう。専門の業者に依頼すれば、さまざまなリストを用意してくれますので、まず要望を伝えることが全部になります。そして、単に用意してもらっただけでは意味がなくしっかりと活用できて十分な意味があるということです。では、どのように活用すればより良い結果が出るでしょうか。

まずは一通りメールを送ってみることが大事

リストを手に入れるといっても、電話番号のリストは手に入ってもあまり意味がありません。それよりも、メールアドレスが記載されているものが重要になるでしょう。

そこで、メールアドレスが記載されているものを手に入れることが必要になります。メールアドレスを取得した場合には、まず一通り全員に送信してみることがよいです。このときには、手動で送信してもかなり手間がかかってしまいます。そのため、メルマガスタンドなどを利用して送信したほうが良いかもしれません。

メルマガスタンドにもさまざまな種類がありますが、無料のメルマガスタンドを利用してみても良いですが、有料のもののほうが価値はあるといえます。例えば無料のものは1500件まで同時に配信することができますが、配信するまでに時間がかかってしまうだけでなくさまざまな機能が使えない可能性もあります。

そこで、優良なものを使ったほうが、はるかに手間がかからずさまざまな機能が使えますので時間的にも節約することが可能になるでしょう。このように考えれば、優良なメルマガスタンドを使ったほうが良いと言えますが、状況次第でどちらが良いかを判断しましょう。

もし、配信する場合には、相手の名前がわからないためとりあえず配信をしてみることが重要になります。その中で、どの程度到達したかも判断することが重要になるでしょう。メルマガスタンドを利用する場合には、どれだけの数が到達したかも判断することが可能になります。

例えば、1500通のメールを送った場合、1000通しか友達なかった場合には500通のメールアドレスを既に使われていないことを意味しています。そのメールアドレスに対して送信し続けていても、ほとんど意味がありませんのでそのアドレスは消してしまいましょう。そして絞り込んでいくことが大事になるのです。

書き出しがとても重要になることを知る

リストに基づいてメールを配信する場合、1回送信しただけでは反応がほとんどないことが多いでしょう。何を販売するかにもよりますが、高い商品やサービスを販売すればするほど、反応が薄い可能性があります。

そこで、反応があまりないと判断した場合には、文章のタイトルをよく考えることです。ほとんどの人は、1日にたくさんのメールを処理しようとします。このとき、全て開封し中身まで見ることはないでしょう。

多くの場合、タイトルによって判断していると考えて良いです。例えばアダルトサイトのメールが来てアダルトサイトに全く興味がなければ、タイトルを見ただけでオープンをしないでしょう。ですが、逆にタイトルに興味があれば、思わず見てしまいます。例えば、顔のシミに困っている人が、顔のシミに関する内容のメールが届いた場合、タイトルが興味深ければ思わず中身を見てしまうでしょう。

このように考えれば、中身を見てもらうかどうかは、タイトルによって決まるといいます。つまり、業者からいくら素晴らしいリストを手に入れたからといっても、それだけでは十分でないことがわかります。

ただし、あまり不誠実なタイトルにしてしまうと、逆にお客さんがメールを開かなくなってしまいます。よくあるパターンは、タイトルを考えるあまり必死になり、空気の読めないようなタイトルにしてしまう場合です。これでは中身を開いてくれませんので、誠実な内容のものにしましょう。

中身の文章をどのように書いたら良いのか

リストを手に入れた場合には、タイトルも重要ですがその後に続く文章の内容も重要になります。文章の内容がしっかりしていれば再びメールを読んでくれるか返事をしてくれる可能性があります。この場合すぐに商品の購入やサービスの購入に結びつかなくても、何度か定期的にメールを送ることが重要になるでしょう。

 

通信販売をするにあたり、業者からリストを手に入れた場合には、それを最大限生かさなければいけません。リストを生かす方法の1つは、メールを開いてもらうかになります。メールを開いてもらうための工夫としては、やはりタイトルが重要になるでしょう。

タイトルは、誠実なものであることと注目するべき内容になっていることが重要です。そしてタイトルがしっかりしていれば、中身の文章もそれに合わせて安心できる内容にしておくことが重要になるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧