法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

テレアポリストを作る際のポイント!リストを使って効率的に営業を行おう!

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/09/01


顧客の新規開拓のためにテレアポを始めようと思っている企業も多いですよね。「どこにかければいいかわからない」「テレアポを始めたけれどアポにつながらない」とお悩みではないですか。テレアポは、やみくもに電話をかけると失敗しやすいです。ここでは、効率的にテレアポを行うために必要なテレアポリストづくりのポイントを解説します。

テレアポリストが必要な理由

思いつくままに次々と電話をかけているようであれば、非効率的です。ここでは、テレアポリストを作るべき理由について解説していきます。

よいテレアポリストを作ればアポ率が高くなる

テレアポでよい結果を得るためには、テレアポリストをしっかりと作ることが重要です。営業マンが丁寧に集めたテレアポリストはアポ率が高くなる傾向があります。アポにつながりやすいかどうかは、リストの段階で決まっているといっても過言ではありません。テレアポリストをつくることは、テレアポの成果を出すための第一歩です。

時間と費用を無駄にせずに済む

テレアポには相応の時間がかかるものです。また、1日に何十件も電話をかけることになりますので、人件費や電話代といったコストも決して小さくありません。同じ時間、同じ件数だけ電話をかけるにしても、売り込みたいサービスや商品にまったく関係がない企業へ電話をかけてしまうと、時間や費用の無駄です。

せっかくコストをかけるのであれば、自社製品やサービスを必要としてくれそうな企業を狙って架電したいものですよね。無駄な時間や費用を発生させないためにも、自社製品やサービスへの需要がなさそうな企業はリストから外しておくといった丁寧なテレアポリストづくりが必要です。

アポイント率が高くなる

自社製品やサービスに興味をもってくれそうな企業ばかりをテレアポリストに載せておけば、最初から興味をもってくれない企業に電話をしてしまうことは防げます。その結果、アポが取りやすくなります。ビジネスのチャンスを掴みやすくするという意味でも、テレアポリスト作りが必要です。

テレアポのリスト作成をする際のポイント

実際にテレアポリストを作成するときには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?ここからは、テレアポリスト作成のポイントを解説していきます。

効率よくリストを作る

リストに載せる電話番号などの情報は相当な数になります。1つの企業について情報収集するのに時間をかけていると、テレアポではなくリスト作成に大幅な時間とコストがかかってしまいます。時間や費用といったコストを抑えるためにテレアポリストを作るために、莫大なコストをかけていては本末転倒ですよね。テレアポリストの情報収集を行うには、短時間で大量の情報を得られるメディアを使うなど、効率的のよい方法を心がけましょう。

情報の正確さ

せっかくテレアポリストを作っても、リストの情報が間違っていると意味がありません。企業の業種や事業内容などなるべく多くの情報を調べ、なぜ自社製品やサービスがその企業に必要とされるのかといったことまで考えてリストに載せる必要があります。もし、調べた情報が間違っていた場合は、せっかくのコールが無駄になってしまうでしょう。本当に信頼できる情報なのか、更新されていない古い情報ではないか、といったことにも気をつけて正確な情報を得るようにしましょう。

テレアポリストを作成する方法

実際にテレアポリストをつくるには、どのような方法があるのでしょうか。メリットやデメリットにも触れつつ、テレアポリストの作成方法を解説していきます。

企業のポータルサイトから収集

電話番号をはじめとする企業情報が多数記載されているものといえば、iタウンページやマピオン電話帳といったポータルサイトを思いつく人も多いのではないでしょうか。たしかに、業種や住所といった情報も同時に集めることができ、効率的よくリスト情報を収集できるメリットがあります。しかし、ポータルサイトでの業種は複数登録が可能。企業が実際に行っている業務とは違う業種だったということもあり得ます。そのため、事前に企業HPを確認する手間がかかることがデメリットとして挙げられます。

企業HPを検索する

GoogleやYahoo!で検索して企業HPを1つずつ見れば、正確な情報にたどり着けるメリットがあります。電話番号から業種、事業内容といったことまで事細かく知ることができ、リストに載せるターゲットを絞り込むのにも最適です。しかし、ひとつひとつ企業HPを調べるには莫大な時間がかかってしまうデメリットもあります。たくさんの企業にテレアポする必要がない場合は有効な手段ですが、幅広いターゲットを考えているのであれば効率が悪くなってしまいます。

テレアポリストを業者から購入する

「そんなに時間や労力をかけていられない」という企業も多いはずです。テレアポのリストを購入する方法であれば、購入費用がかかるデメリットはあるものの、時間や労力をかけずにテレアポリストを手に入れることができます。リストの購入費用がかかるといっても、リスト収集に人件費をだらだらとかけ続けるよりは効率がよい場合も。ターゲット層や目的を考慮した最新のリストを業者から購入すれば、スムーズにテレアポを行うことができます。

 

テレアポリストは、無駄なコストを減らしてアポ率を上げるためにも必ず作成しておきたいものです。しかし、自社で作成しようとすると時間や人件費も思いのほかかかってしまいます。テレアポの効率を上げるためのリストづくりこそ、効率よく行いたいですね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧