法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

自動収集系のリスト販売業者は安いのでお手軽

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/04/07


利益を上げるために、リスト販売業者からリストを購入している会社は少なくありません。リスト販売業者からリストを購入すると、時間や労力、人件費を節約できます。しかし、リストを購入するのには費用がかかるのではないかと心配する人もいるかもしれません。自動収集を用いたリストを利用すると、コストをおさえて入手することが可能です。

自動収集のリストが安い理由とは何か

自動収集のリストが安い理由は、コンピューターによってデータを集めるためです。たとえば専用のスタッフを雇って街頭で通行人の話を聞き、データを収集するためには複数のスタッフが必要になります。自社スタッフの力のみでデータを集めるのは時間もエネルギーもかかり、必要な情報が得られないケースもあるでしょう。

しかし、コンピューターを用いた自動収集であれば、自動収集リストを使用するスタッフの人件費がかかるだけです。ソフトを使って自動収集したリストは販売業者によって販売されますが、人件費がかかっていないので顧客の費用負担をおさえられる仕組みとなっています。

自動で収集した情報は信用できるか不安に感じる人もいるでしょう。しかし、独自のシステムで特定の分野に分けられた情報を得ることができるため、精度の高いリストが入手できるのです。データ収集の対象者のデバイスからデータを集めることができるので、効果的なアプローチが可能になるでしょう。

例を挙げると、料理のレシピを見る方が好きな人のデバイスには、レシピ本の電子広告が出る仕組みになっています。自動収集によるデータを分析した結果、コンピューターが「この人は料理が好きだ」と判断するためです。コストをおさえてリスト販売業者を選びたいと考えているなら、自動収集のリストを販売している会社は選択肢のひとつになるでしょう。さらに、自動収集によるリストは人為的なミスが少なく、精度が高いことで知られています。

リストの自動収集は自社で行えるか

コンピューターに強い社員がいる場合は、外注しなくても自社でリストの作成をした方がよいと考えるかもしれません。自力でリストを作成するには、まず全スタッフの手元にある取引先の名刺を集めなければならないでしょう。その後、データ入力を行うことで完成します。しかし、これにはかなりの時間と労力がかかるのです。データ入力という単純作業で完成しているように見えますが、これは単に情報をデバイス内に書き写しただけで、顧客リストというには不充分でしょう。

なぜなら、アプローチの対象になっている人とそうでない人が含まれているからです。効果的なマーケティングを行うためには、具体的にアプローチする対象を絞らなければいけません。さらに、本格的なリストを作成しようと考えている場合はソフトの導入が必要です。ソフトの購入費用や労力などを考えると、決してコストパフォーマンスが高いとはいえません。

一方、リスト販売業者を利用する場合は、比較的安価な費用でリストを入手できます。自動収集を用いたリストなら、経費をおさえて目的に合うデータが手に入るためです。リスト販売業者から入手できるデータにはさまざまな種類がありますが、レンタルと購入でも値段が異なり、一般的にレンタルのほうが安いとされています。また、特定の地域や年齢層を対象にしたデータも入手することが可能です。リスト販売業者を利用する場合は、目的を達成できるかどうかを確認しましょう。

リスト販売業者から送られてくるデータの形式

自動収集したデータは、どのようにしてリスト販売業者から送られてくるのでしょうか。希望する納品形式を選ぶことが可能になっていますが、ほとんどの場合はパソコンで管理ができるように、デジタルでの納品形態を希望するでしょう。デジタルであれば情報をコピーしたり、調査したりすることが容易です。

しかし、デジタルにはデメリットもあります。異なるデバイス間のデータ送信には、同じソフトやアプリが入っている必要がある点です。異なるデバイス間でも情報共有できる形式で、リストを入手したいと考える人もいるでしょう。

その場合、リスト販売業者によっては追加料金が発生することもあるため、見積もりの際には費用総額を確認することが重要です。また、すべてをデジタル化すると不便に感じる場合もあるでしょう。紙媒体による情報は扱いやすいという利点があるからです。デジタル形式で納品されたリストは複数の社員が同時に閲覧できますが、リスト販売業者から購入した後にプリントアウトすることもできるでしょう。

自社の方法にマッチングした形式で、リストを入手することが大切です。また、リスト販売業者を選ぶ際は、複数の会社に見積もりを依頼してから決定しましょう。会社によってはお試しサービスや、無料で使えるデータを提供している場合もあります。サービスがよく良心的な会社を選ぶようにしましょう。

 

自動収集を行っているリスト販売業者の利用は、経費をおさえてマーケティングしたい場合に適しています。自動収集のリストは精度が高く、情報が新しいというメリットもあるのです。質のよいリストを使うことが効果的な戦略方法だといえるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧