法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

医療法人のリストを購入する方法は?

医療の法人リストは入手が難しい場合があります。

大きな病院だったら、各種のリストに掲載されており、それを購入することで情報を手に入れることが可能になりますが、地方にある小さな病院だったらその種のリストに載っていないことがあります。

その場合は専門の業者に依頼することをおすすめします。

まず大きな病院のリストを集める

医療の法人リストを集める時には、まず代表的な病院のリストを集める必要があります。

このリストを集めるのはそれほど難しくなく、各種の法人のことが書いてあるリストを購入すればうまくいきます。

ただし、この種の法人だけに限定されたリストが見つかりにくいことは頭の片隅に入れて置かなければなりません。

特に地方の場合はその傾向にあるので、医療機関に限定されたリストが見つからない時はその地域の代表的な法人の情報が網羅されたリストを探しましょう。

インターネットを使えば、いろいろな法人のリストを販売している業者が見つかるので、その中から選ぶようにします。

その時に着眼するべきポイントは情報の質です。

できるだけ詳しい情報を載せているリストを提供してくれる業者を見つけましょう。

具体的には電話番号や所在地だけではなく、院長の名前病院の得意としている診療などが書いてあるリストだったら、営業がしやすくなりますし、他にも病院の設立された時期なども書いてあれば、さらに営業の参考になります。

営業をいかに展開していくかということを念頭に置いて、リストを探さなければなりません。

そのように細かなことが書かれたリストを作るのは難しいと思われるかもしれませんが、優秀な業者だったら細かなところまで調べてくれます。

なお、その業者の顧客に対する態度も確認するべきで、リストを一度作ってもらったら、その業者との関係は終わりになるわけではありません。

良い業者と関係を続けるためにもその場合に綿密な打ち合わせなどをして、リストの更新まで行ってくれるか事前に調べておきましょう。

リストのコストの面も考えておく

リストを購入する場合は、コストの面を考えておく必要があります。

コストは業者ごとに異なっており、頼む前に見積もりを出してもらって自分の会社の予算に合うか調べなければなりません。

リストは膨大なものになるので、コストを抑えられれば、それを購入する費用を節約できますし、現在はコンピューターと印刷の技術が発達しておりその分のコストの削減は可能です。

また、データを集める時にもコストが発生しますがそれを小さくすることもできます。

例えば、大きなデーターベースを持っている会社だったら、新しく情報を集めなければならない際にはデーターベースを活用することで情報収集のプロセスを簡略化できます。

リストの業者で全国的に有名なところだったら、自社のデーターベースを持っていることが多いです。

リストの購入を依頼する時にそのことをたずねましょう。

コストが安いのはメリットになりますが、質が悪ければお金の無駄になってしまうので、リストの質をチェックしなければなりません。

良心的な会社だったら、購入前にリストの見本を見せてくれるので、必ず見本をもらって中身をチェックしてからそれを購入しましょう。

なお、会社によってはリストの作成にかかる費用を交渉によって下げてくれる場合があります。

この交渉を可能にするには、複数の会社にまず見積もりを出してもらい、その後リストを依頼する候補を絞って交渉を開始すると良いでしょう。

質の良い情報を集めたリストを作ってくれる会社があって、そのコストが他社にくらべて高い時に、この方法を使うのがおすすめです。

最初から交渉を受け入れてくれないところは、避けた方が無難です。

小さな病院のリストは業者に依頼する

このタイプのリストの一番難しい点は、全国にある小さな病院のリストが見つけにくいことです。

その地域ごとの法人リストには載っていることもありますが、すべての医療機関が網羅されていることは少ないです。

リストがない場合は、業者にリスト作成を依頼し、完成した後にそれを購入することができます。

この方法はコストがかかりますが、各種の営業にプラスになることは否定できません。

現在はいろいろなツールが作れており、それを使えば会社の営業に必要な各種の情報を集められます。

ツールを使ってネット上から情報を集めて、リストを作成し、それでも集まりにくい場合はネットで電話が番号が載っているサイトをあたってリストを作ります。

このような作業は自分の会社でもできそうですが、ノウハウがないので時間がかかってしまうので、この種のリストを作っている業者に任せて新しいリストを短い期間に作ってもらいましょう。

なお、新しいリストを作成してもらう前は必ず見積もりを取っておきましょう。

見積もりがあれば、リストの作成に費用がかかり過ぎた時も交渉によって、それを下げることができるようになります。

 

 

サイト内検索
リスト販売業者ランキング
ダイレクトデータ
NEXEL株式会社
株式会社スクエア
ウリゾウ
プレゼンス(株式会社プレゼンス)
記事一覧