法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

法人リスト販売業者を選ぶ前にするべき準備について解説!

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/05/19

準備

「法人リストの作り方がわからない」「信頼できる業者からリストを購入したい」と、法人リストの取得に苦労している営業担当者の方も多いのではないでしょうか。本記事では、法人リスト販売業者の選び方や選ぶ前にするべき準備についてお伝えします。質の高い法人リストを獲得し、自社の営業力アップを目指していきましょう。

法人リスト購入時の注意点

法人リストは特徴や情報量もさまざまで、その内容は販売業者によって大きく異なります。そのため、購入する際にはその法人リストの内容に充分注意しておく必要があります。

法人リストを購入するときの注意点としては、主に「定期的に更新がされているかどうか」「情報の入手元が明記されているかどうか」「無駄なコストがかからないか」「どのような企業や業界の情報を得意としているか」「企業のサポート体制が充実しているか」などが挙げられます。どのような企業であっても業務内容の拡大・縮小、事務所の移転、代表者や担当者が変わるということは起こりうるものです。

そのため、リスト購入時は最新の情報が反映されていたとしても、時間とともにリストは古くなってしまいます。購入しようとしているリストが最新情報を反映しているものかどうか、ということは事前に充分確認しておくことをおすすめします。

また、法人リストを販売している業者の中には、初期設定料金を払ったり、月額料金を払ったり、さらにはプラスで法人データ1件あたりいくらと追加コストが発生するケースがあります。

また、複数のリストをまとめて購入する必要があり、結果的に無駄なコストがかかってしまうということもあるでしょう。料金は業者によってピンキリなので、自社にとって無駄なコストが発生しないかなどを充分に確認し検討した上で、販売業者を選ぶことをおすすめします。

そして、法人リストを購入する際には、リストの情報が自社の営業ターゲットとなる企業でなければ意味がありません。リスト販売業者にも、得意とする業界や企業や苦手とする業界・企業があります。

自社の営業先となるターゲットから外れたリストを購入してしまった場合、営業成果につながらないため、無駄な時間と費用を浪費してしまうことになります。

リスト販売業者を選ぶ際には「主に取り扱う企業の規模」「得意とする業種や業界」「取り扱う企業のエリア」といった点に注意をしておきましょう。リストの情報が自社のターゲットと合致するかどうかを確認して、見積もりを出してもらうことが大切です。

法人リスト販売業者を選ぶ前にするべき準備

優良な法人リストを購入するためには、事前の準備が重要です。法人リストの質は販売業者によって大きく異なるため、単純なリスト保有率や価格だけで選択するのではなく、自社が必要としているリストを提供してくれる業者を選ぶ必要があります。

行なっておくべき準備としては「営業のターゲット層を整理する」「料金体系をチェックする」「サンプルを活用してみる」の3つがあります。

まず1つ目の「営業のターゲット層を整理する」という点について、説明します。法人リストを購入する第一の目的は、リストを使ってアポイントメントや成約につなげていくことです。そのため、購入する法人リストには自社の商品やサービスにニーズのあるターゲット層の企業が載っている必要があります。

Web上に公開された情報を検索してまとめただけのリストでは、営業の成約率を上げていくのは難しいため、より成約率を高めることのできる法人リストを購入するために「会社の規模」「業態」「エリア」「経営状況」などの的を絞り、自社のターゲット層を明確にした上で法人リスト販売業者を探すことをおすすめします。

次に「料金体系をチェックする」について説明します。法人リスト販売業者の料金体系は、大きく分けて「リスト1件あたりの料金」「パッケージでのリスト販売」「月額料金での定額料金」の3種類があるため、自社の営業スタイルに適したものを選んでいく必要があります。適していないものを選んでしまうと、無駄な出費が増えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

最後の「サンプルを活用してみる」ですが、リスト販売業者を選ぶ際には、いきなり法人リストを購入するのではなく、サンプルを使用して試してみることをおすすめします。リスト販売業者によって、リスト化されている項目はさまざまなため、一度サンプルを使用してみて、自社が必要としている項目がリスト化されているか確認しておきましょう。

法人リストを効果的に活用するためには?

法人リストを使用して営業成果を最大限に高めるために「顧客情報は随時更新する」「記載ルールを統一し、誰もが見やすいリストにする」ことが非常に大切です。もし法人データが古い状態のままだと「すでに移転しており電話がつながらない」「事業内容が変わり、話が通じない」など、営業活動に無駄が生じてしまいます。

また、記載ルールが統一されていないと、データ内容に誤植や重複などが発生し、重複架電を起こしてしまうなど、顧客に迷惑をかける事態にもなりかねない、ということは頭に入れておきましょう。この2点に気をつけて営業活動を行なうことで、法人リストをより効果的に活用できるでしょう。

ここまで、法人リスト販売業者を選ぶ前にするべき準備について「法人リスト購入時の注意点」「法人リスト販売業者を選ぶ前にするべき準備」「法人リストを効果的に活用するためには?」といった観点からご説明しました。営業活動の効率を大幅に上げることのできる法人リスト。せっかく買うのであればより効果的なものを買いたい方が多いと思います。ぜひ本記事の情報も参考に、よい販売業者を探してみてください。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧