法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

個人リストは最新のものをすぐに使うべし

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/05/11

顧客リストは商品・サービスを宣伝する際に用いるリストです。相手側の所在地・名前・電話番号などの情報がまとめられています。作成されたリストをもとにDMなどの営業をしていくのでリストの良し悪しが成果に大きく響きます。

自社で探して入手するには手間がかかる

個人のリストを入手するうえで基本なのがインターネットの活用です。業種名で検索してヒットしたウェブサイトから各社の情報を集めてリストを作成します。ターゲットが明確なので該当する個人を見つけるのは簡単ですが、必要情報を集めるのに時間がかかるでしょう。

コストはかかりませんがその分かなりの時間を必要とします。団体のホームページや出展先の企業など企業情報が一覧になっているサイトを活用する手もあります。一覧から集めれば検索の手間を減らして効率的に収集することが可能です。

しかし、この方法は必要な情報がすべて掲載されているとは限りません。詳しい情報を集めるために各社のウェブページに訪問する必要も出てくるでしょう。

個人の情報を保有している業者からリストを購入する方法もあります。これなら業種などで絞り込むことにより必要なリストを一度に大量に入手できます。この方法なら社内リソースを使わずに簡単にリストが完成します。

しかし、購入前にリストの確認はできません。求める条件が業者側で用意されずに希望するターゲットとズレてしまうことも考えられます。ちゃんとしたリストを購入できるよう、業者の実績や購入費用などをしっかり検討しましょう。無料でお試しできる場合もあります。

自社内で既にリストを持っていればその情報を活用する方法もあります。営業担当者が保有して使わないままの名刺などがあるでしょう。このような情報を再度整理すればある程度作成することが可能です。

便利なツールを使って収集していこう

自社でリストを作成する場合エクセルなどを用いて作成する会社は多いでしょう。しかし、多くの個人向けリストを作成・管理においては非効率です。リストは作成に割く時間が大きいため、作成時間を短縮することで他の業務に集中できます。

そのためには個人リスト作成ツールを利用する手もあります。自分で検索して個人情報を集めてまとめる作業は非常に手間がかかります。情報が重複している可能性もありますし、ターゲットを上手く絞り込めているとも限りません。質の分からないリストの作成に数時間をかければ他の業務にも支障が出てしまいます。

作成ツールを使用すれば、最新の情報から自社のターゲットに沿った情報を的確に収集することができます。精度の高いリストになるので今までかかっていた今までかかっていた作成時間を他の業務に回せます。

リストは量よりも質が重視されます。リストをもとに営業活動を意味のあるものにしなくとはいけません。企業規模やターゲットを取りこぼしなく正確に収集してくれます。

情報は常に最新のものにすること

リストはツールや販売業者などから有料で外注するという方法が広く使われています。せっかく入手しても実際の売上につながらなければただの情報となります。売上につながる質の高いリストにするには3つの要素が必要です。

個人リストに記載されている情報は住所・名前・電話番号などさまざまな情報があります。リストは常に最新の情報が反映されているのが理想です。相手に連絡して間違いだったときは悪印象を与えてしまいます。

古い情報では自分で調べなおす必要もあるので二度手間にもなります。特に担当者は所在地は頻繁に変わりやすいので毎週更新されていることが望ましいです。自動更新機能を備えたツールもあるのでぜひ導入してみましょう。

リストを自社で作成したり既存のリスト使う場合はデータの重複にも注意が必要です。データが重複すると同じ人に何度もDMなどを送ってしまう問題が発生します。自社の信頼に関わることでもあるので重複には気をつけましょう。既に取引している相手や解約した相手がリストに入っていないかよく確認してください。

リストにある相手が希望する条件にマッチしているかも重要です。業種や地域など狙っているターゲット層にマッチしないリストは作成する意味がありません。どんな方法で作成するにしてもこの点はしっかり守ってください。

 

営業で活用する個人リストは自力で収集すると時間と手間がかかってしまいます。ツールを利用したり販売業者から直接購入して入手するのが効率的です。しかし、リストはただ大量に集めればいいわけではありません。リストを作成する目的を明確にし、業種や地域などで顧客となる相手をリスト化しましょう。

的確に顧客をターゲティングすれば、売上につながる営業活動もスムーズにおこなえます。失敗するリスクを減らせれば最終的に少ないコストで利益を上げられるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧