法人・営業・企業リストをお探しの方向けにリスト販売業者を比較してご紹介

購入する法人リストが安価な理由|低価格の業者の注意点

法人リストは専門の業者からニーズにあわせて購入することが出来ますが、料金設定は業者によってかなり違ってます。

中には安価なものもあり、つい選びたくなりますが安いことには理由があり注意が必要です。ここでは、法人リストの必要性や安価なリストの理由、信頼できる業者を選ぶこつを紹介します。

法人リストが何故会社にとって必要なのか

どの会社でも長く運営を続けていくには、これまで御世話になっている顧客だけではなく新規の顧客の獲得は必須です。特に新しく起業したばかりの会社や新しい分野で商品やサービスなどを展開するときには、まだ実績も乏しく、顧客を見つけるのも難しいことがあります。

既に取引先があって継続している顧客の信頼を失わないことや、満足度を高めるために営業は欠かせませんが、それだけで生き残っていくにはかなり難しいです。 会社にとって現状維持だけが目標だと、これからの変化していくビジネスのシーンでは時代遅れになってしまい経営にも影響してくる可能性もあります。 時代を常に先取りしている企業や、成長する可能性を秘めている新しい顧客を他の会社よりも素早く見つけ出してビジネスへと繋げていくことはとても重要です。

ただ、新規顧客の獲得方法といえば、昔と同じくタウンページなどの電話帳などを使ったテレアポや飛び込み営業だけに頼っている会社は少なくないです。 確かにこれだと名簿代などもかからずコスト面では効果的ですが、効率は悪いですし何より調査をする人件費などの方が高くなるかもしれません。しかも必ず契約してもらえるわけでもないので無駄になることもあります。

非効率だと他の会社へと大切な顧客を取られてしまうこともあるので、ここで活用したいのが法人リストです。自社の会社を売り込むことが出来る可能性が高い企業をリスト化したもので、このような便利なアイテムを使うことで効率性も上がり、ベンチャー企業などで売り上げを伸ばしている会社にも確実に喰いこんでいけるチャンスが広がります。

法人リストの作成方法と安価なリストについて

法人リストはインターネットを探していくとたくさんのリストが販売や頒布されていて、中にはかなりの安価な金額で販売されていることも珍しくないです。安価でも便利に使えるものも多いですが、中には簡単に作成したものを高額な値段で販売していることもあります。

法人リストは実は簡単に作成することも可能で、インターネットにある電話帳データを調べてからそれを自動的に収集して販売しているだけというリスト販売業者も少なくないです。 また、キーワードで検索して出てきた会社名を、そのままエクセルなどでデータ化してそれを販売していることも珍しくないです。これなら、自社で時間などがかかっても調べることで費用などもかかりません。 場合によっては、法人リストとして購入したデータに基づいてダイレクトメールを送っても、宛名が不明でかえってきたものが多くなり、全リストとしては使えないものだったということも実際に起きてます。

もらった原本をよく確認していくと、多くは住所や宛名が整備出来てないリストだったという報告もされてます。 中には、古いデータのままで販売したりするので、法人リスト会社が本当に信頼できるところで、提供しているリストもきちんと独自に集めたものかなど購入前にはよく確認した方が良いです。 つい費用を抑えるために安価ところを選びたくなりますが、価格が安いということはそれだけ情報量が少なかったり、簡単に作成されたリストの可能性も十分にあります。

信頼出来て確実なリスト作成会社に依頼するのが大切

信頼出来て確実なリスト作成会社だと依頼する会社が何を希望しているかを把握してから、会社にとって見込み顧客になる会社を確実にリストアップしてくれます。見込み客となる企業の成長力や購買力なども総合的に判断して、ネットで掲載しているデータが少なくても確かな顧客を見つけ出すノウハウなども充実してます。

独自に集めた情報を最大化して確実性を高めることも行っていて、会社間の取引をスムーズで活発化するために必要なこともわかっていて、零細企業でも見込みがあると判断すればリストに載せてくれます。 最近は独立志向が高まっていて、大きな企業などに在籍していた人が起業をして成功することも珍しくないです。新規に事業を立ち上げた会社は売り込みたい取引先を探しているので、そのような動向にも詳しいリスト作成会社を利用するのも良いです。

優秀な法人リスト作成会社だとたくさんのリストを持っていて、大手だと1000万件以上あるとも言われてます。作成の依頼があると確実に購買に繋がる会社などを提案してくれて、業種もかなり細かい所まで、地域でも市町村とこちらのニーズにあわせて絞り込めます。 中には資本金や売上高などのデータもあって新規開拓にも役立ちます。細かくリストを絞り込んでいけば、よりターゲットも絞り込めるため成約率も高くなります。

電話帳やインターネットだけの検索だけに頼って無駄な営業に時間をかけることもなく、効率よく戦略的に営業が行えます。 ただ無差別に大量に営業を行う方法は既に古く、これからは確実な法人リストを活用して営業のコストを削減して効率よく進めていく方法が必須です。

 

法人リストは会社を大きくしていくには欠かせないもので、法人リストの活用はかなり有効です。安価なものもありますが、やはり安いだけの情報しかデータは得られないので注意が必要です。購入するときには、自社に必要な情報が含まれていて尚且つ、料金も予算内に納まるかがポイントになります。

サイト内検索
記事一覧